RIDE-ON

第3回・ループを使って曲を作ろう![風のブルー編]

第2回で作ったループを元に、今回は曲を作ります。
前回のループをAメロにして、ループ素材をどんどん加えてBメロ・サビまで完成させました。
ただし、それぞれの繋ぎ目が不自然な感じがします。
GarageBandのデフォルトループ素材にはリズムのフィル的素材が少な過ぎるので、ループをドラッグして持って来るだけでは上手く繋がらないのです。
なので、素材をカットして次の様な短いループをいくつか作り、曲調が変わる所に挿入して行きました。

■サラウンドのリズム素材

(音声を再生するには、audioタグをサポートしたブラウザが必要です。)


■シンセ素材と打音を組み合わせた素材


そんな調子で曲を組み上げて行きました。
強引な部分もありますが触れ込み通り簡単に曲が完成しました。


音源がコチラになります。

■ループ曲DEMO


この音源に仮歌を入れて聞き込みました。
すると、「お前は風のブルー♪」と言う詩とメロディが浮かんできました。
良し!これは鳥の歌にしよう!と決めたら、あとは降って来る様に詩が出来ました。
歌を入れたのがコチラの音源になります。



最初のループ素材を作ってから、わずか2日で1曲完成しました。
本当に簡単です。
色々といじってて、GarageBandが打ち込みに不向きな事は分かりましたが、GarageBandの1番の醍醐味はこうやってループ素材で曲を作る事なんじゃないかな?と気付いたのでした。
ただ、ループの音程を変えるのは容易ではないらしいです。
今回の楽曲は、ピッチを変えずに作りました。
あと、たまたまですが、いつも配信に使ってる『Tunecore』と言うサービスが、手数料無料で配信できると言うキャンペーンを行ってたので、今回作成した楽曲をリリースしました。
DEMOを聞いて、良いな!と思った方はTOPページからダウンロードして下さい。